ラグビー桜の戦士、豪州に善戦も表情は冴えず!届きそうで逃した勝利。

スポーツ

どうもSeijiです。

10月23日に大分でラグビー日本代表とオーストラリア代表
の一戦が行われました。

日本は2019RWC日本大会以降着実に力を付けてきました。

オーストラリア代表も最近の国際試合では、南アフリカ
やアルゼンチンに勝利し波に乗っています。

そんな調子のいい2チームによる闘いに注目が集まって
いました。

特に日本代表にとって2023RWCフランス大会に向けて
大事な時期ですので、何よりも勝ちにこだわりたい所です。

どの様な一戦になったのか、今回の記事ではラグビーでの
桜の選手対オーストラリア代表との試合を振り返りたいと
思います。

スポンサードリンク

結果は?

結果的には、32-23でオーストラリア代表の勝利です。

もう少しで勝利に手が届きそうな結果でした。

残り時間数分迄、1トライで逆転出来る所でした。

 

内容的にも、そんなに悪くなくオーストラリア代表には
嫌なイメージ与えたんじゃないでしょうか?

 

それでも選手たちの表情は冴えなかった事が、より一層
日本のレベルが上がった事を感じました。

 

桜の戦士に対する評価は?

善戦むなしく敗北した日本代表の桜の戦士に対する評価
は高く、各メディアが声明を発表しています。

英紙『The Guardian』は、「オーストラリアには十分な余力
があったのかもしれない。でなければ負けていた」と記した
うえで、次のようにも論じています。「勇敢な桜戦士たちは、
あらゆる局面で機能
していた。明確な狙いを持っていた日本は、
ラインスピードと卓越したチームディフェンスで、オーストラ
リアの焦りを誘ったのだ。だが、そこは国際試合4連勝中のオー
ストラリア。ラグビーのトップテーブルに居座るに値する底力を
最後に見せつけ、辛くも競り勝った」
引用:THE DIGEST

ポータルサイト『Yahoo Sports』のオーストラリア版は「日本に
は手を焼いた」と、その勝利が決して楽ではなかったとの見解を
示している。 「ワラビーズ(オーストラリア代表の愛称)は、
フルバックに入ったリース・ホッジを早々に欠いたこともあり、
日本の頑固な抵抗に苦戦した。日本はラグビー界で目下、最大の
改善を見せている。
それを証明するようにどこまでも追いかけて
きて、オーストラリアはそれを振り払うのに苦労を強いられた。
後半も一時は4ポイント差にまで縮められ、最後の最後まで緊張感
を保たなければいけなかった。彼らは日本に対する史上初の歴史的
な敗北を喫する目前だったのだ」
引用:THE DIGEST

辛口な海外メディアも、桜の戦士には一目を置いているみたいです。

要所要所でのタックルや、スクラム最強を掲げる所も評価された
かもしれません。

ただ、負けは負けですので日本代表もこの内容については、真摯に
受け止めて次回に生かしてほしいです。

スポンサードリンク

内容的には?

今迄のベテラン選手にプラスして新しくメンバー入りした
選手が活躍しました。

画像

オーストラリア戦に向けての、 記事です。良ければご覧
になってください。
あわせて読みたい記事↓

ラグビー桜の戦士、豪州に善戦も表情は冴えず!届きそうで逃した勝利。
どうもSeijiです。 10月23日に大分でラグビー日本代表とオーストラリア代表 の一戦が行われました。 日本は2019RWC日本大会以降着実に力を付けてきました。 オーストラリア代表も最近の国際試合では、南アフリカ ...

試合は、前半フィジカルとスピードで勝るオーストラリア
が、日本のデフェンスの壁に何度も突き刺さり、短いパス
により得点を重ねていきます。

それでも劣勢な日本代表は、松田のPKなどで着実に点数を
重ねます。

 

日本の初トライも、松田のキックパスによりレメキがパスを
キャッチしトライに繋がりました。

前半は、13-17でオーストラリアがリードして終わります。

後半は、立ち上がりからやはりオーストラリアの進撃に
デフェンスの壁を釘付けられます。

レメキ選手の反則による10分間の退場には、立て続けに
2本のトライを許します。

リードが広がり、もう駄目だとあきらめかけてたその時に
、中村亮土選手のインターセプトからのトライや後半途中
から出場の田村優選手のPK等で、逆転可能な4点差に迫り
ました。

画像

しかし終了間際にもトライを奪われ32-23で敗れました。

もう少しで、逆転とまで迫っていた後なので、今回の敗北
は痛いですが、まだまだ国際試合は続きます。

次なる課題は?

デフェンスの寄りや、ボールの速いテンポでの継続など
良い所も多々ありましたが、

その反面、セットプレーのラインアウトではオーストラリア
の高さに苦戦する場面が多く見られました。

ハンドリングエラー反則の多さにも驚きました

規律の面で、課題が残りました。

日本代表ヘッドコーチのジョセフさんは、

「いいプレーができたと思う。選手たちのモチベーション
も高く、よいところが見られたと思う。改善点の1つは規律
の部分だ。17回の反則を出すと強豪チームには勝てない。
試合の中でミスが起こった時間やタイミングが試合の結果
に影響したと思う。チームとしてこのあとのヨーロッパへ
の遠征に向けて改善していきたい」と話しています。
引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211023/
k10013318881000.html

ナンバーエイトで先発出場した姫野和樹選手は、
「勝てた試合だったので、悔しい気持ちがある。自分は4年前、
オーストラリア戦で日本代表としてデビューした。4年間でどれ
だけ成長したかがわかるような試合で、自分としては満足して
いるが、チームとしては悔しい」と振り返りました。

そのうえで、「国内で試合するのはことし初めてで緊張したが
、ファンの前で試合するのは楽しくてまたやりたい気持ちだ。
このあとテストマッチが3試合あるので、次はチーム一丸と
なって勝ちたい」と前を向いていました。
引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211023/
k10013318881000.html

兎に角11月からの欧州遠征では、今回の課題を修正し
全勝で終わって欲しいです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、10月23日(土)のオーストラリア戦を振り返って
みました。

  • 結果は?
  • 桜の戦士に対する評価は?
  • 内容的には?
  • 次なる課題は?

として、書いてみました。

色々と書きましたが、もうすでに日本代表の実力は
しられていますので、今後は勝ちきる思いで試合に
臨んでもらいたいです。

それでは今回も長いお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツラグビー
seijiTMGをフォローする
Seijiのメディア山脈アドベンチャー

コメント

タイトルとURLをコピーしました