≪オフショット画像≫稔と安子で始まり、るいが生まれ本来の家族の姿が見れました。

ドラマ

どうもSeijiです。

皆さん季節も冬になり朝晩すっかり寒くなっています。

日中も風が吹けば日差しが届いていても、寒く感じます。

空気も乾燥してぴりついていて、まさしく冬の到来です。

そんな季節ですが、朝から暖かい気持ちになったり、
余りの恐怖で寒く感じたりすることがあります。

それは何かといいますと、皆さんご存知のNHK朝ドラ
カムカムエヴリバディ】です。
あわせて読みたい記事↓

≪動画まとめ≫カムカムがヤバイ!戦争がもたらす悲劇に全ての人々が涙にくれる!
どうもSeijiです。 どうですか皆さん、【カムカムエヴリバディ】ですよ。 毎週のように、どんどん進んでいます。 あわせて読みたい記事↓ 今週は第4週にして、すごく大事で悲しい内容でした。 ハンカチ片手に見...

始まって早くも今週で1ヶ月経ちました。早いもんですね。

話しも流れ流れて、今週は第5週となりました。
25話分です。

そんな【カムカムエヴリバディ】ですが、今週は波乱万丈
でした。安子の身の回りで様々な事が起こりすぎました。

それでは、今回の記事はそんな今週第5話を見て暖かく
感じた事がありますので、書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

安子の思い描いた家族像

安子は生まれた時から、あんこの甘い匂いに包まれた
和菓子屋で心温まる家庭に生まれました。

そこにでは家族や従業員と一緒に暮らし生活を共にする
楽しい毎日でした。

そんな安子も、成長し恋を抱きました。

幼なじみの勇の兄で稔に淡い恋心を抱きます。

そんな二人も、紆余曲折しようやく結婚し楽しい生活が
始まりました。

しかし、その時代背景に運命は急転し淡い新婚生活も
1カ月余りで、稔は戦地に赴きます。

安子は稔の実家で暮らしていますが、お腹には稔の子が。

との子供も無事に生まれ、るいと名付けられます。

が「るい」と名付けたのも、我が子にはどんな時代でも
ひなたの道を歩んで欲しいという思いが!

るいも順調に成長し、戦争も終戦しますが悲劇が!

戦死の電報が届き、安子は泣き崩れます。

それでも、安子にはるいがいます。

るいの成長が安子生きる望みです。

日々暮らしていく中で、稔を亡くした雉真家での暮らしも
段々と暮らしにくくなります。

義母の美都里当たりがきつくなり始めました。

そして安子るいは、義弟の勇の計らいで岡山を出ていきます。

稔の暮らしていた大阪で暮らし始めます。

生活の糧に「たちばな」を復活させおはぎを売りるいとの
二人での生活が始まりました。

生活を切り詰め、ラジオを買いるいと二人でラジオの英語講座
を楽しみました。

画像

そしてその中で、親と子の生活を切り取った例題文を聞き、
もしがいればこうであっただろうと想像します。

画像画像

という風に、安子の頭の中では楽しい暮らしが思い描かれました。

スポンサードリンク

オフショットでの稔とるい

稔と安子とるいの3人で暮らしていればという空想が、
第24話に描かれました。

そんな場面のオフショットです。

楽しそうに3人が本当の家族の様に笑って映っています。

画像

いい写真ですね。

安子の笑顔が良いです。

稔も優しい笑顔で談笑しているようです。

今度の動画は、るいと稔のラジオ体操の場面の練習風景です。

結構本気で練習していますが、稔の父親らしさも見えてくる
そんなオフショットです。

るいの姿が全て後ろ姿なので、可愛らしい笑顔の画像です。

画像

どうですか、るい役の中野翠咲さんです。
読み方は「なかのみさき
 さんです。役の松村北斗さんに
似ています。

それでは、るいが初めて喋った時の映像です。

ドラマとはいえ、初めて喋ったのが英語とは恐るべし設定ですね。
それ程、ラジオ英語講座は安子とるいにとって大切な存在ですね。

続いては、大きくなったるいのバージョンです。

我が子じゃないですけど、本当に大きくなりました。

こうやってかわいく歌うのもこの位の年齢の時だけかな。

我が子もこんな時が有ったと思うと、人様の子といえ
かわいく思えます。

テレビの世界と言え、本当に合った時代の事を描いて
いますから悲しくなりますね。

この様な時代が二度と来ない様に、願いたいです。

それでも、まだまだこれからも【カムカムエヴリバディ
は、視聴者を喜ばせたり、うるっとさせたりとしてくれます。

毎日の朝の活力としてこれからも楽しみたいし。今後も
撮影の合間のオフショットが出てくれば、皆さんと共有
したいです。

最後にるいの成長の度合いが分かりますよ。要チェック!

Image

スポンサードリンク

まとめ

今回は、NHKの朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第5週を
見て感じた事で、

  • 安子の思い描いた家族像
  • オフショットでの稔とるい

という感じで書いてみました。

皆さんはどのように感じましたか?

本来あるべき姿が、戦争によって引き裂かれ家族の暖かさ
が失われていました。

それでも、安子は母親としてるいを育てなければなりません。

そんな時代も少しずつですが、二人にとってひなたの道に進む
はずです。

次週からの【カムカムエヴリバディ】に期待して、今回は終わり
たいと思います。

お付き合い有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
seijiTMGをフォローする
Seijiのメディア山脈アドベンチャー

コメント

タイトルとURLをコピーしました